「勉強」がしたければ教科書でも読むべき。ここにあるのは「私見」。
・リンク:OK
・引用:OK
・転載:NG
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。
サイト内検索:

自分の気持ちがわからない原因や要素

自分の気持ちがわからない原因や要素




自分がないだとか、自分の気持ちが分からないだとかの話。

まず、心(脳、本能)は勝手に動き、時には先走るものであり、動いてないということは殆どないと見ていい。

人間普段は頭の中でよく喋ってるので勘違いしてしまいがちだが、まず感情や思いなどは「言葉ではない」ことを思い出そう。

後から脳で言葉に翻訳している。大抵の場合、この翻訳関係の問題で自分の気持ちがわからない。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

ヒューマンエラー・凡ミスとスキーマについて

ヒューマンエラー・凡ミスについて 

投稿日:2017/07/04

ありえないミス、下らないミス。誰にでもあり得るし、自分がそんなミスするわけないじゃないかハハハとか言ってた奴が次の瞬間やらかしてたりする。なぜなのか。

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

何が普通か、普通はあるのか。何が異常か、正常はあるのか。

何が普通か、普通はあるのか。何が異常か、正常はあるのか。




投稿日:2017/06/28
最終更新日:2017/07/03
人格・性格にまつわる病気や障害の特徴一覧を見て「自分にも当てはまる」と感じて少し気にする人は多いと思う。その対極である「普通」に自分がいるかどうかがわからないからだろう。

結論から言うと、普通とそうじゃない人間との境界もあいまいであり、違うのは確かだがじゃあ「どこからどこまでが?」というのは無い。


言い方次第で普通の人間であることが病気である気がしてくることすらある。後述するが、仮に正常だったとしてもそれを他人に証明するのがかなり難しい。

この上で言うが、これはどこまでも解決しない疑問だと思う。だがそれを気にするのは、それこそまともであろうとしている証拠だとも思う。

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[4回]

アドラー心理学:課題の分離

アドラー心理学:課題の分離




最終更新:2017/06/23


アドラー心理学で言うところの「課題の分離」とは、多くの人間関係がスッキリしないベタベタしたものになることの説明になる。
最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[5回]

マインドフルネスとは?



マインドフルネスとは?

最終更新:2017/06/22

マインドフルネスという言葉の意味は幅広い。自分が常に何考えているのかを自覚することだったり、集中することだったり、頭をはっきりと覚醒させることだったり。


抽象的だが、大別すると意識を対象にしっかり向けること(フォーカスアテンション)と、自分の心に何が起こってるのかを観察すること(オープンモニタリング)の2つに別れる。

ほとんど座禅の別名みたいな扱いで、GoogleやIntelも社員研修のメニューに取り入れているんだとか。第三世代の認知行動療法としてマインドフルネスが挙げられていたりと、まぁ瞑想座禅というものの見る目は変わってきている。

どの道科学であり、トレーニングであり、エクササイズである。神秘や奇跡とは関係ない。ベホマもバギクロスも使えるようにはなりません。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

意思決定と自由意志

意思決定と自由意志



どこからどこまでが「自分」で、どこからが自分じゃないのかの考察。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

自動思考(DMN)とフラッシュバック


自動思考(DMN)とフラッシュバック

2017/06/16 加筆修正


・記憶は通常、トリガーとなるようなものを認識した時に連想されたり、必要に応じて想起したりする。

 だが、全く関係ない時にもまるででしゃばるかのように思い出したり、リラックスしたい時(特に入眠時が多いか)に嫌なことを思い出したりすることも在る。


 酷い時には目の前の取り組むべき仕事に意識を向けられないほどに記憶にさいなまれることも在る。フラッシュバック、PTSD、トラウマと呼ばれる現象だ。

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

言い訳がましい人間の心理




言い訳がましい人間の心理

最終更新 2017/06/13

何かミスを起こしても、即座に誰かのせいにしたり、アクシデントがあったからだとする。
あるいは、それっぽいことを言ってはいるが、どこか胡散臭い。
こんな言い訳がましい人間は、大抵周りからうんざりされる。

人間誰でもいつかはミスをする。
どれだけ熟練していても、不確定要素が重なれば失敗するだろう。
感情的になってしまった、何か誘惑に負けてしまったなど、老いも若きもそのうち何かしらやらかす。

こういった時、相手を洗脳するかのような勢いで言い訳をする人間がいる。

なぜああも素早く、しつこく言い訳をするのか?本当に自分が悪いとは思っていないのだろうか。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

自分で考える力がない理由とその鍛え方

自分で考える力がない理由とその鍛え方



最終更新 6/12 


ゆとり世代だの、マニュアル人間だのと言われてる、考える力がないと断じられる人のその理由は何か、そして鍛え方は何があるのか。
ちなみに知能指数測ったら、ゆとり世代より団塊世代のほうが頭悪かったという笑い話がある。一番高かったのはその中間だったそうな。まぁどうでもいいだろう。頭のいい世代でも、当人がそうじゃなければ意味がないし。
自分で考える力において最も厄介なのは、他人から見れば考えている人と言動がそれっぽいだけの人の区別はつかないことだ。他人の頭の中なんて見れない。つまり「見て学ぶ」ということは今回難しい。お手本が「ハズレ」の場合もある。

同じ結論、同じ行動をしていたとしても、その過程は全く別物の可能性があるし、中身が「からっぽ」の可能性もある。
サバイバーバイアスが代表的だが、成功者や大学教授、マネジメントのプロの提唱する「考える力を養う方法」が必ずしも自分に合うとも限らない。彼らが想定している対象、つまり元々の環境や能力が自分に該当しているかどうかの問題になってくる。「正しいけれど役立たず」に終わる場合もあるだろう。
だから汎用性のために最も基礎的な、地味で、つまらない部分を述べる。そこが大丈夫なら自分でいい方法を見つけて勝手に伸びるでしょう。

目次

1.自分で考えられなくなる原因
2.自分で考える力を養う方法
まとめ

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[4回]

トラウマ克服に使われる行動療法 暴露療法 

トラウマ克服に使われる行動療法 暴露療法 

暴露療法(ばくろりょうほう、Exposure therapy、エクスポージャー法)とは、不安障害に用いられる行動療法の技法である。

この技法では、不安や苦痛を克服するため、患者が恐怖を抱いている物や状況に対して危険を伴うことなく直面させることとなる[1][2]。
その技法は、オペラント条件づけにおける消去とほぼ同じである[3][4]。

全般性不安障害、社会不安障害、強迫性障害、PTSD、特定の恐怖症などの障害の治療について、さまざまな研究においてその有効性が裏付けれらている[5]。


Wikipediaより

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

いくら考えてもすっきりしない時に見直す2つの「考え方」 ボトムアップ トップダウン

いくら考えてもすっきりしない時に見直す2つの「考え方」 ボトムアップ トップダウン






結論から言うと、この2つは使い分ける必要がある。大抵の場合どちらかの物の見方、考え方しかせずもう一方がさっぱりになっている。だから苦手な方が必須な問題の場合、大抵「詰まる」。

どちらも意識的に思考する際には技術も訓練も特別必要ない。やろうと思えば今すぐできるだろう。テクニックではなく、概念に近い。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

粘り強さ やり遂げる力 GRITについて

粘り強さ やり遂げる力 GRITについて






成功するかしないかはIQの高さよりも「やり遂げる力」があるかどうかが問われるそうな。ではやり遂げる力とはなんだろうか。

また、一説によるとダイエットは9%の人間しか成功しないのだとか。では人間には基本的にやり遂げる力が不十分なのだろうか。それらの「原因」とはなんだろうか。

目次

「諦めない」について
GRIT
やり遂げる際の「敵」
自分のやりたいことなのに嫌になってくる
やり遂げた人間には才能があったのか?
「実績」に注目する


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

要領がいい人、飲み込みが早い人 頭の硬さと柔らかさについて

要領がいい人、飲み込みが早い人 頭の硬さと柔らかさについて


要領がいい、飲み込みが早い人がいる。予め過去に似たような経験をしていたり知識を既に持っているのだろうと思えるケースもあるが、そうではなく純粋に飲み込みが早い場合もある。彼らのこういった能力の正体とはなんだろうか。


◆目次

・スキーマとは
・頭の固い人:スキーマの変数と「丸暗記」
・要領が悪い人、飲み込みが遅い人
・ベースとなる使えそうなスキーマ、記憶・経験があるか
・「ノルマ」を減らす
・「理解」における注意点


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

つい夜更かしをしてしまう:「夜眠れない」ではなくて「寝たくない」理由

つい夜更かしをしてしまう:「夜眠れない」ではなくて「寝たくない」理由




寝るべき時間に寝たくない。「眠れない」ではなくて「寝たくない」。サイトを流し見したり、ゲームをやってみたり、本を読んでみたりする。そんな「ついつい夜更かしをしてしまう」人は、何がそうさせるのだろうか。

◆目次

  • 寝るのが悔しい。寝るのがもったいない。
  • 朝が来るのが怖い
  • 充実感がないと「寝たくない」と思う
  • どれだけ充実感を感じれば「足りる」のか?
  • 日中に充実感を得るためにはどうするか?

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

「やるな」って言われるとすごくやりたくなる心理:カリギュラ効果

「やるな」って言われるとすごくやりたくなる心理:カリギュラ効果

◆目次

・カリギュラ効果とは
・カリギュラ効果の身近な例
・「心理的リアクタンス」
・神話・民話の「見るなのタブー」


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

最新記事

(10/16)
(10/12)
(10/10)
(10/09)
(10/03)
(09/29)
(09/26)
(09/19)
(09/18)
(09/16)
(09/14)
(09/11)
(09/03)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
(08/25)
(08/24)
(08/21)
(08/18)
(08/17)
(08/16)
(08/15)
(08/14)
(08/11)

ツイッター

最新コメント

[07/10 まなかな]
[06/25 ゆいと]
[06/24 リンコ]
[04/12 psi]
[01/14 pupupu]
[08/27 NONAME]
[08/23 銀モクセイ]
[03/09 ハマ]
[01/20 パウー]

PR