「勉強」がしたければ教科書でも読むべき。ここにあるのは「私見」。
・リンク:OK
・引用:OK:要URL明記
・転載:NG
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。励みになります。
サイト内検索:

人が自己愛を満たすために行う3つの方法

人が自己愛を満たすために行う3つの方法

   
 
自己愛と言えば聞こえが超悪いが、要は漠然とした不安や寂しさ、自信を失った時、自己評価が下がった時に人はどうやってそれを解消しようとするのかという話。
 
コフートは自己愛を満たすために人間が行っている方法(特に患者が治療者に無意識に行うこと)を3つに分類した。
 
ハインツ・コフート 1913-1981 両親はユダヤ人。自己心理学の提唱者。
 
今回はそれを「人は何に拠って自己愛が満たそうとするか」として書く。
 
・前提として、自己愛やその欲求自体は誰にでもあるし、日常においてそれを満たそうとしている。ここで言う自己愛は「ストローク」だと思えばいいだろう。
 

◆目次

◆鏡転移
◆理想化転移
◆双子転移/分身転移
◆融合転移
 
 

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[3回]

その「自己評価」の高低はどのようにして決まったか

その「自己評価」の高低はどのようにして決まったか

 

 

◆「自己評価が低い」という言葉

・自己評価が低いという言葉は、自信がないだとか、自分のことをダメだと思っているだとか、そういった意味で使われている。「自分嫌い」も含まれるかも知れない。
 
何かができなかった、何かをやらかした時にそう思う、ではなく、慢性的な自己イメージとしての状態。慢性的な自信喪失と言ってもいいだろう。
 
なぜ慢性化するのか。自己評価を変動させる要素、そして固定化させる要素は何があるのか。
 

◆目次

◆理想か義務か
-◆理想自己と自己評価
-◆義務自己と自己評価
-◆理想自己と義務自己
◆自分か他人か
-◆自分が行う自己評価
-◆他人から作った自己評価
 

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[3回]

成功恐怖症とインポスター症候群

成功恐怖症とインポスター症候群

 

 
・成功したくない心理。あるいは成功が「怖い」心理。それ故に実力を発揮しない傾向を含める。
 

◆目次

◆成功恐怖症と「変化」への恐怖
◆成功不安
◆インポスター症候群と「注目を集める」ことへの恐怖
◆女教皇ヨハンナ
◆「批評」
 

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[4回]

コンフォートゾーンについて

コンフォートゾーンについて


 

◆目次

◆コンフォートゾーンとは
◆ラーニングゾーン・ストレッチゾーン
◆パニックゾーン
◆ヤーキーズドットソンの法則
◆変化する「安全地帯」
◆予見性
◆コンフォートゾーンから抜け出す
◆メモ
 

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

死を受け入れる五段階

死を受け入れる五段階

 

 
医師であるエリザベス・キューブラー・ロス著『死ぬ瞬間』に記載されている、死を宣告されてからそれを受け入れるまでの五段階。「キューブラー=ロスモデル」とも。
死を宣告された約200名の患者との面談、その分析をまとめたもの。
 

◆目次

◆第一段階 否認
◆第二段階 怒り
◆第三段階 取引
◆第四段階 抑うつ
◆第五段階 受容
◆この説の信憑性について
◆当人の問題だけとは限らないこと
 

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

最新記事

(08/06)
(08/01)
(07/11)
(07/03)
(06/27)
(06/21)
(06/20)
(06/13)
(06/08)
(06/04)
(05/16)
(05/02)
(04/09)
(03/30)
(03/16)
(03/06)
(02/26)
(02/22)
(02/12)
(02/05)
(01/31)
(01/15)
(01/07)
(11/02)
(11/02)

PR