・リンク:OK
・引用:OK
・転載:NG
・画像は全てNG:画像検索すればすぐ見つかるかと。
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。
サイト内検索:

誕生日のパラドックス

誕生日のパラドックス


◆誕生日のパラドクスとは

・「誕生日が同じ人がいる状況は、何人の集団の中で50%を超えるか?」みたいな問題。
 
・ちなみに一年は365日として、閏年生まれはハブられる運命にある。南無。
 
・つまり、「誕生日」は365種類あることになる。実際には平日が誕生日の傾向が多いらしいが、どの誕生日である可能性も1/365とする。
 
・はい、計算どうぞ。めんどきゃ大体でいい。

最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

自分で考えない人/思考力がない人の特徴と問題



自分で考えない人/思考力がない人の特徴と問題

最終更新:2017/09/18 加筆、タイトル変更
 

よく聞く話が、先輩が新入社員に「困ったことがあったら何でも聞いて」といったら、新人が何もかも聞いてくるようになって、最終的には「それくらい自分で考えろよ」と言われるというオチのもの。


なぜ彼らは自分で考えようとはしないのか?
なぜ思考力が彼らにはないのだろう?
そもそも本当に考えていないのか?
最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[17回]

脳の可塑性とイメージトレーニングの効果から見るトラウマ、フラッシュバック、自動思考の悪影響

脳の可塑性とイメージトレーニングの効果から見るトラウマ、フラッシュバック、自動思考の悪影響





・自動思考をDMNとするのなら、これそのものは誰にでもある。なきゃそいつは多分死んでる。



・誰にでもあるのに、一部の人間だけが極端に自動思考、トラウマ、フラッシュバックと一般に呼ばれる「嫌なことを鮮明にその時の感情を伴って思い出す」という現象に悩まされる。



インナーゲームで言う「セルフ1」が手段として選ぶ可能性もあるが、今回は脈絡なく、特にリラックスしている時、暇な時に嫌なことが思い浮かぶことについて。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

上達の工夫:一生懸命長期間練習していてもちっとも上達しなくなった理由

上達の工夫:一生懸命長期間練習していてもちっとも上達しなくなった理由




長く続けて数をこなしていれば勝手に上達する。と思っていたら、どうも伸び悩む。その理由は何か。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

セルフ・コントロール、克己、自制心や気持ちの管理。

セルフ・コントロール、克己、自制心や気持ちの管理。







・誘惑や衝動に駆られた際、自分にとっての「正しい選択肢」を選ぶ能力。重大な人生の岐路においてもそうだが、それ以上に日常的な欲求、感情、衝動などに対して不足を感じることも多いだろう。



例えばまぁ、「ちょっとくらい」とか言って飲んだり食ったり後回しにしたり。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

アドラー心理学の違和感と問題点、批判。

 

アドラー心理学の違和感と問題点、批判。





アドラー心理学がなんかおかしい。おかしいってか「使えない」。

個々の理論を思考のツールとして使う分には問題ないんだが、例えば自分の視点を取り戻すために課題の分離とか、自分の衝動や感情を知るために目的論とか。

だがそれ以外で役に立ったことがない。というか、ツッコミどころがありすぎて使えたもんじゃない。

何かがおかしいと思う。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

理想が高すぎる:自己承認欲求と完璧主義と心の餓え

理想が高すぎる:自己承認欲求と完璧主義と心の餓え




自己承認欲求は「まとも」だとする声は多い。だがまぁ、度が過ぎて良いものなんて世の中にはめったにないわけで。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

お知らせ

お知らせ

コメント機能を順次廃止。今後新しく作られるページはコメントできなくなるし、過去記事も順次コメント機能は廃止していく。



まぁ大した影響がないことだけど、こういうことやると心配してくれる人もちょっとはいるので一応報告ということで。



理由はhttpでパスワード入力があるページだとChrome上で警告が出るため。



えらく簡単に言うと、現状だとコメントしようとするとChromeが「このサイトサキュリティ的にガバガバだけどパスワード入れるの?まじで?」と警告してくる可能性がある状態なのでその対策。



忍者ブログがhttps化すれば一番良かったが、まぁそんな気配はないし。ブログの設定でコメントのパスワード入力をなしに出来ればまだマシだったがその機能はなし。はぁまったく。



仕様上の問題で、各ページの設定を個別に変えなきゃいかんのでアクセスが多いページからやっていく予定。



めんどくさいのでめぼしい所が終わったら途中で投げる気満々。



拍手コメントには影響がない話なので、何かあったらそちらから。まぁ元から拍手コメントのほうが数十倍多いブログなのであまり問題ないでしょう。



以上、お知らせでした。


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

人間関係と話が通じない奴

人間関係と話が通じない奴

アドラーに限らず、多くの識者は「人間の悩みは人間関係にある」とし、ブッダとかは「子供なんて作るな、よほど優れた人間じゃなきゃ他人と関わるな」くらいは言っちゃってるらしいが、まぁ人間関係はめんどくさいことが多いし、手に負えない奴もいる。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

一を聞いて十を知るためには?

一を聞いて十を知るためには?




最終更新:2017/08/25

一を聞いて十を知るとはどのような「現象」か、それを構築する要素は何かから。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

潔癖症は病気なのか

潔癖症は病気なのか




◆潔癖症・不潔恐怖症と呼ばれる症状

「潔癖症」の意味としては2つある。1つは不正などを許さないと言った性格的な表現として。こちらは完璧主義に近い。



もう1つは不潔なものに耐えられないといったもの。潔癖症という言葉は、一般にはこういった「度が過ぎた綺麗好き」的な表現として使われる。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

幸せ恐怖症:何故幸せが「怖い」と感じるのか

幸せ恐怖症:何故幸せが「怖い」と感じるのか





まぁ別に「幸福は義務」なんて気持ち悪いこと言うつもりは無いんだが。



幸せ恐怖症。女性の六割くらいがこれだと言われている。



自ら幸福を遠ざけ、好意を向けてくる人間は疑う。



ここでは「幸福はいつか奪われる/壊れるもの」、「自分は幸福になってはならない」、「幸福に慣れていない」、「自分は幸福に値しない」の4つを挙げる。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

イメージトレーニングの効果と方法について

イメージトレーニングの効果と方法について 






インナーゲームについての時にセルフ1からセルフ2へは「言葉は伝わらないがイメージなら伝わる」という話をしたのでそこら辺の補足。



イメージトレーニングと言えば、漠然と本番を想像する程度のイメージしか無いが、実際にはどうなのだろうか。その効果、方法、理論・根拠について。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

一貫している考える力・論理的思考:ロジカルシンキングについて

一貫している考える力・論理的思考:ロジカルシンキングについて





考える力の種類としての一つ。



Wikipediaによれば、ロジカルシンキングの定義自体がハッキリしてないというガバガバ具合らしいんだが。



日本においてはビジネスの新スキルとして「売り出された」ようだが、まぁいつもながらの概念の暴走かもしれない。



これらの理由から「ビジネス用語」、「業界用語」とみなすことが出来る、とされている。


また、Wikipedia内の引用によれば、論理的思考とは言うものの最終的には「閃き」であるとなっている。例えば推理小説の探偵のような「事実の積み重ねのみ」で到達すると言ったものではないようだ。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

緊張しないために:グロースマインドセットと無意識的な学習能力について

緊張しないために:グロースマインドセットと無意識的な学習能力について

インナーゲーム(心の中での自分との勝負)の理論としては、セルフ1がセルフ2の邪魔をしているのが大体の問題だとなる。このせいで集中できないし、実力を発揮できない。これは自分への不信が根底にある。ある意味自分自身のことを「目を離したらとんでもない事やらかす奴」だと思っているからこそセルフ2に対して過干渉になる。



インナーゲームにおいてはセルフ1、つまり批判者である自分の意識がセルフ2である実際に動く自分を信用して「黙る」ことが求められるわけだが、まぁ、こんなやつ信用できるかってのが実際の所だろう。そこら辺にいるあなたが思うダメなやつを思い浮かべて欲しい。「ああなる」可能性があるのだとしたら、冗談じゃねぇ。



セルフ2が成長するとして、セルフ2としての成長を試みるにはセルフ1はセルフ2にタスクを実際に任せてみなければならない。実際に任せてみることで信頼するというのも、なかなか安心してできる場面=安心して失敗できる場面は希少。これをやるならスポーツのように練習と本番をはっきり分ける必要はある。



そんなわけで理詰めで行ってみようかと。無意識的な学習能力についての理解と、セルフ2が「成長し、出来るようになる」という確信=グロースマインドセットについて。




最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

最新記事

(09/19)
(09/18)
(09/16)
(09/14)
(09/11)
(09/03)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
(08/25)
(08/24)
(08/21)
(08/18)
(08/17)
(08/16)
(08/15)
(08/14)
(08/11)
(08/10)
(08/09)
(08/07)
(08/03)
(08/02)
(08/01)
(07/31)

ツイッター

最新コメント

[07/10 まなかな]
[06/25 ゆいと]
[06/24 リンコ]
[04/12 psi]
[01/14 pupupu]
[08/27 NONAME]
[08/23 銀モクセイ]
[03/09 ハマ]
[01/20 パウー]

PR