「勉強」がしたければ教科書でも読むべき。ここにあるのは「私見」。
・リンク:OK
・引用:OK:要URL明記
・転載:NG
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。励みになります。
サイト内検索:

我慢の限界が来た時の理不尽な上司との戦い方





自分の機嫌で同じことでも急に怒鳴ったり怒ったりと、理不尽な上司というのはいるものですね。
好きな仕事、頑張りたい会社に入っても、こういった人が上司だと、仕事を辞めたいとまで考え、悩んでしまいます。
酷い時には体調を崩したり、精神を病んだりすることもあり、訴訟に発展することも今では珍しいことではありません。






上司のパワハラにはどう対応する?

パワハラの定義は、権力を傘にきた嫌がらせです。暴力はわかりやすいパワハラであり、刑法違反ですね。
ですがバレないように嫌がらせをしてくる上司や、大勢の前で馬鹿にしたり、無視するように指示するなどもパワハラとなります。
こういった会社のパワハラに対しての対応法としては、人事を通す、他の上司を通す、専門機関に相談するなどがあります。


他人を巻き込まなければ解決できない時は

当事者間での解決が望めないので、第三者に「今まで相手が何をしてきて、自分が何をされ続けてきたのか」を証明することが必要となります。
ですので録音や記録、目撃者の確保などをしておきましょう。


訴える

専門機関に訴える場合、その相談先は、都道府県労働局雇用均等室、有名かもしれない労働基準監督署、総合労働相談コーナーなどが挙げられます。
弁護士に相談するのも手段の一つでしょう。
自覚なくパワハラ・セクハラをする人はいます。カッとなっても、その場で怒ってはいけません。しっかりとした手順を踏み、二度と同じことをさせないようにしましょう。ちなみに男同士でもセクハラは成立するそうです。

関連記事
怒りの限界が来る前に。「怒り」との正しいつきあいかた

ストレスを感じた時にやってはいけないこと

最新記事はこちらから



サイト内検索:


ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ移転しました:https://embryo-nemo.com/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

PR