・リンク:OK
・引用:OK
・転載:NG
・画像は全てNG:画像検索すればすぐ見つかるかと。
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。
サイト内検索:

アメリカが日本に対してTPPについて盗聴をしていた

アメリカが日本に対してTPPについて盗聴をしていた

米国の国家安全保障局(NSA)が日本政府の貿易交渉などに関する電話を盗聴していたと、内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した問題で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を担当する甘利明TPP相は4日の記者会見で、「TPP交渉に関してはそういう事態(盗聴)を想定してやっている」と語った。
http://www.asahi.com/articles/ASH843HNXH84UTFK005.html


盗聴が織り込み済みとは頼もしい話だ。
TPPの話そのものが流れてくれるのが一番無難な気もするが。



・アメリカは盗聴をしてまで何がしたいのか?

TPPは元々シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの四カ国の貿易協定だったのだが、
アメリカがオーストラリアなどを誘って後から割り込み、乗っ取ったらしい。
この時本来のTPPの内容がいくらか変更されたようだ。





 

アメリカに都合が良すぎる内容の現TPPは、
各国の識者たちから異常だと指摘されている。
現TPPを広めることは、アメリカに取っては経済的に都合がいいのは間違いない。




・TPP対AIIB?

また、「中国を封じ込めるため」だとする話もある。
その対抗として習近平が行ったのがAIIB(アジア・インフラ投資銀行)だとも。
中国株がガタガタなのを見て分かるように、習近平は「経済オンチ」と言われているのだが。


中国への対抗というのなら、日本がTPPを検討しているのも頷ける。
TPP自体のデメリットも多すぎて、結局売国っぽく見えもするのだが。
「中国よりはアメリカについたほうがまだマシ」という感じだろうか。
そうだとするならTPPへの参加自体は前提となっていて、
どれだけダメージが少なく済ませるかという調整を今しているのだろうか。


要するにアメリカは、毒と薬を混ぜたTPPという液体を日本に飲み込ませようとしているのか。

死にたくない、殺したくないと思うのが悪いか?:安全保障関連法案


最新記事はこちらから



サイト内検索:


更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

最新記事

(09/19)
(09/18)
(09/16)
(09/14)
(09/11)
(09/03)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
(08/25)
(08/24)
(08/21)
(08/18)
(08/17)
(08/16)
(08/15)
(08/14)
(08/11)
(08/10)
(08/09)
(08/07)
(08/03)
(08/02)
(08/01)
(07/31)

ツイッター

最新コメント

[07/10 まなかな]
[06/25 ゆいと]
[06/24 リンコ]
[04/12 psi]
[01/14 pupupu]
[08/27 NONAME]
[08/23 銀モクセイ]
[03/09 ハマ]
[01/20 パウー]

PR