「勉強」がしたければ教科書でも読むべき。ここにあるのは「私見」。
・リンク:OK
・引用:OK
・転載:NG
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。
サイト内検索:

「怒り」に至るまでに何が起こっているのか?

「怒り」に至るまでに何が起こっているのか?




・怒りにかぎらない、感情が発生するまでの過程。
・何故自分の感情を制御できず、あとで後悔するハメになるのか。
・その原因は対策が可能なモノなのかどうか。


■目次
・ファストアンドスロー
・システム1:ファスト
・システム2:スロー
・システム1とシステム2の流れ
・おさらい
・怒りと「システム」の相関




ファストアンドスロー

・心理学者、行動経済学者であるダニエルカールマンは、『人間はどのようにして意思決定するのか、そして何故度々その判断を間違えるのか』を考察するにおいて、ファスト(早い思考)とスロー(遅い思考)の2つの思考形態が人間にはあるとした。

・彼はファストを『システム1』、スローを『システム2』と呼んだ。この概念の提唱者は別にいるらしいが、まぁ割愛。 



システム1 ファスト

・一応言っておくが、1st、First ではなくFast。「手早い」「素早い」などの意味。


・「本能的、反射的な思考」であり、感情を含む。


・あるいは「手慣れたこと」などの”身につけたもの”もここに分類される。要するにパターン化された一連の思考や熟練した手続き記憶などを含める。


・これはバイアスに近い。思考では間に合わないからとっさに、暫定的な処置をするためのもの。


・システム1は自動的、あるいはほとんど苦もなく作動している。  常に。



    システム2 スロー

    ・理論的な思考、判断力、目的を伴った意志、自制心など。


    ・意識の内、あなたが「自分」だと認識している部分。


    ・一般的な人間が「考える」と聞いてまず思い浮かべるのはシステム2の方だろう。


    ・難題などを前にした際の頭の状態はもちろんのこと、こちらも普段でも機能している。ただし軽めの運転で。


    ・システム1が「やらかさないように」検閲をする役割がある。拠って、通常の人間の言動はある程度理性的である。……ある程度。


    ・システム2の価値基準は本人が受けた教育、本人の体験の蓄積、あるいは知識などから作られている。つまり、個体差がある。システム1にも言えることではあるが。


    ・システム1と比べて「怠け者」であるとされている。燃費悪いから仕方ないと思うが。


    ・簡単に言えば靴をはく時に「右からか左から出悩むか?」、 歩く時に「右足からか左足からか」と悩むか? という話。 やってられんだろう。  


    ・「考えすぎることにより、動けなくなる」というのは聞いたことがあると思う。システム2が「働きすぎる」とこうなるので、普段は手抜き状態なのだと思われる。




      システム1とシステム2の流れ




      ・まず「素早く対処する」ためのシステム1が作動する。


      ・次にシステム2が「問題なくそれを行う」ために検閲する。時にはストップを掛け、時には修正する。


      ・端的に言えば「衝動」と「理性」。  

        ・他の動物と見比べて考えてみれば、人間だけが大脳新皮質が異様にでかい。これは言語や合理的な分析などを司る。


        ・人間もまた動物から枝分かれしたものであり、そこから考えればシステム2、つまり合理的な判断力や理性は「後から獲得した能力」であるはずだ。
        実際システム1だけで言動を決めるなら人間で言えばキチガイだし、その挙動は動物そのものになるだろう。


        ・本人にとっての危機的状況(つまり感情的になる状況)ではシステム1が最優先されるのも頷ける。



        おさらい

        ・ぶっちゃけて言えば、意識と無意識だと思っていい。


        ・簡単に言うと、何かのアクションに対してのリアクションとしてまずシステム1が暫定的な結論を出す。それをシステム2が検閲、修正、時には押さえ込み、「適切な」言動を本人にさせる。


        ・この適切な言動というものは、あくまでも本人の経験や知識に基づいたものである。「適切な言動」が他人から見てミスであることもあるだろう。


        ・システム1が正しいとは限らない。本能そのものが人間社会と相容れない部分が多くあるからだ。
        世の中には気持ちや感情といったものを「自分の本心である」と盲信する者がいるが、システム1の出した結論が”人間”から見て「せっかちで臆病なポンコツ」である可能性は十分にある。  






          怒りとシステムの相関




          ・大前提。「システムを止めることはできない」。多分寝てるときでもノンレム時ならシステム1は動いている(その時見るのが「夢」だ)。


          ・システム1は「本能」と言ってもいいレベルで思考/意識の根幹にある。次いでシステム2はシステム1に対して連動する。 


          ・感情を発生させるのはシステム1だが、情報に対して作動する順番もシステム2より先だし、厄介なことにこちらの方が優先順位が高い。


          ・「怒り」を感じた際にシステム2が間に合わずに言動に表してしまうことは多いだろう。


          ・システム2が怠け者、と言われるのもこのあたりにある。「サボる」というよりは「ぼーっとしてて見逃した」と言う感じだが。


          ・それ以上に厄介なのは、システム2はシステム1に加担する傾向があるという点だ。


          ・システム2はシステム1で発生した衝動/感情の正当性を「保証」する理屈をひねり出す傾向がある。


          ・「怒り」で言うなら、システム1の中で怒りの感情が発生し、システム2で「理由」を考えることがあるということ。


          ・後で後悔するくせに、怒る時は全くブレーキがかからないというのなら、本来システム2が出すGOサインすらシステム1内で勝手に出している可能性がある。
          あるいは、システム2の価値観的に「ブレーキをかける必要がない」と認識している。


          ・いるだろう。「自分はここまで怒っていい」「自分はここまでやっていい」と自他共に言い聞かせる奴が。まぁ本当にその通りかも知れんが、そうじゃない可能性もある。


          アドラーの目的論に通じるが、まず感情があり、その者が「これが原因だ」と主張しているものは本当は原因ではない、ということはある。


          ・システム1の誤判断、あるいは1と2の二人が完全にグルになった状態が認知バイアスであり、つまりは自分自身のやっていることを把握できていないか、自分を完璧に騙している状態。


          ・これは見方を変えれば「システム1はどうしようもないが、システム2さえしっかりしていれば怒りには対処可能である」ことになる。  


          ■カテゴリ
          アンガーマネジメント


          ■文中のリンク






            最新記事はこちらから



            サイト内検索:


            更新履歴告知用ツイッター:
            https://twitter.com/nemomanas

            シェアをしていただけると嬉しいです。





            このエントリーをはてなブックマークに追加




            最後までお読みいただき、ありがとうございました。

            ────────────────────────────────────────────────────────────────

            拍手[0回]

            コメント

            お名前
            タイトル
            文字色
            メールアドレス
            URL
            コメント
            パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

            プロフィール

            HN:
            nemo
            性別:
            非公開
            自己紹介:
            nemomanas@gmail.com

            サイト内検索

            このサイト内のみの検索。

            最新記事

            (11/02)
            (11/02)
            (11/01)
            (10/31)
            (10/30)
            (10/27)
            (10/23)
            (10/20)
            (10/16)
            (10/12)
            (10/10)
            (10/09)
            (10/03)
            (09/29)
            (09/26)
            (09/19)
            (09/18)
            (09/16)
            (09/14)
            (09/11)
            (09/03)
            (08/30)
            (08/29)
            (08/28)
            (08/25)

            ツイッター

            最新コメント

            [07/10 まなかな]
            [06/25 ゆいと]
            [06/24 リンコ]
            [04/12 psi]
            [01/14 pupupu]
            [08/27 NONAME]
            [08/23 銀モクセイ]
            [03/09 ハマ]
            [01/20 パウー]

            PR