・リンク:OK
・引用:OK
・転載:NG
・画像は全てNG:画像検索すればすぐ見つかるかと。
・拍手やコメントの返事は基本しませんが、全て目は通しています。
サイト内検索:

自分で考える力がない理由とその鍛え方

自分で考える力がない理由とその鍛え方




ゆとり世代だの、マニュアル人間だのと言われてる、考える力がないと断じられる人のその理由は何か、そして鍛え方は何があるのか。


ちなみに知能指数測ったら、ゆとり世代より団塊世代のほうが頭悪かったという笑い話がある。まぁどうでもいいだろう。頭のいい世代でも、当人がそうじゃなければ意味がないし。


自分で考える力において最も厄介なのは、他人から見れば考えている人と他人のトレースが上手いだけの人の区別はつかないことだ。


他人の頭の中なんて見れない。つまり「見て学ぶ」ということは今回難しい。同じ結論、同じ行動をしていたとしても、その過程は全く別物の可能性があるし、中身が「からっぽ」の可能性もある。


サバイバーバイアスが代表的だが、成功者や大学教授、マネジメントのプロの提唱する「考える力を養う方法」が必ずしも自分に合うとも限らない。彼らが想定している環境や能力が自分に該当しているかどうかの問題だからだ。


だから汎用性のために最も基礎的な、地味で、つまらない部分を述べる。そこが大丈夫なら自分でいい方法を見つけて勝手に伸びるでしょう。


目次

1.自分で考えられなくなる原因
・「頭の良さ」「頭の回転」の問題なのか?
・「考える」ということに対する誤解
・マニュアル人間
・目的のない思考
・2つの「考える」
・すごく下らない頭が回らなくなる理由
2.自分で考える力を養う方法
・予習すること
・疑問を持つこと
・答えを出すこと
・予測すること
・自力で考える 車輪の再発明
・形にする
・小技
・最も気をつけるべきこと
まとめ












1.自分で考えられなくなる原因

「頭の良さ」「頭の回転」の問題なのか?

頭の良さの問題ではないよね。勉強できるバカはいるわけだし。まぁこれは頭の良さにも色々あるということだが。


問題の答えを出すことが出来ない、という状態で言えば、情報を持っていないなどの準備不足(知らない)、知識の使い方の経験不足(考え方がわからない)などのほうが理由としては強い。


それよりも多いのは「問題が分かってない」ことだが。これは頭を使おうとすらしていない状態。


要するに、頭のスペックのせい=一生そのままな運命論みたいな帰結は的はずれだろう。早い遅いはあるだろうが、どんなことをしても一生自分で考えられない、なんてことはありえない。
ツールとノウハウ、そして経験値の問題だ。


「考える」ということに対する誤解

例えば普通の人が、毎日ジョギングを欠かさない人相手に体力で今すぐ勝てるとは大抵思わない。だが、これが「考える」ことの場合、なんか頑張れば最適解を導き出すことができるんじゃないかとか思っている場合が多い。


大抵の場合無理だ。殆どの場合時間の無駄で終わる。筋肉や心肺機能と同様、思考もまた使ってなければ鍛えられない。さらに言えば得意分野かどうかも問題になる。


その場限りの努力や集中力や根性論でなんとかなるだろうと考えがちだが(なんとかなっちゃうことがたまにあるが)、脳は肉体だ。鍛えれば発達するし、使っていない機能はへぼいままだ。


また、思考は「裏方作業」だということを忘れてはならない。地味で地道なものだ。
頭がいい=人前ですごいことを「発表」して賞賛や注目を浴びる、なんてイメージを持っている場合があるが、このせいで自分はそうじゃない=頭が悪い=考える力がないと勝手に思い込んでいることがある。









マニュアル人間

「言われたとおりにしか出来ない」「知らないことには何も対処ができない」、こういった人間を称してマニュアル人間なんて呼ぶ。


現代では既に答えが用意されている、あるいは存在している事が多い。調べたり聞いたりしたほうが大抵は早くて確実なのも現実だ。つまり「考える機会が少ない」。酷い時には、考えるより先に答えを提示され、「この通りにやれ」だ。頭を使うタイミングがいつあるというのか。


ハッキリと言ってしまえば、黙って言う事聞いてりゃいいという場面もある。さらに周りからそれを求められていることもある。職場でも仲良しグループでも、何らかのコミュニティに所属する限り、こういった姿勢のほうが歓迎される事がある。都合がいいからだ。


要するに、自分で考えるより周りに合わせたほうが「正解」に近いことが多い。こういった腹芸・顔芸も処世術として必要なのが現実だろう。そしてそういった振る舞いの「クセ」が身につく。


つまり現代人は考えるより「周りに合わせろ」といった教育を無意識レベルである程度受けている。「それだけ」かどうかは各々違いがあるが。


これは移動手段が発達した結果、人間の足腰が弱まったのと同じだろう。
「考えてるヒマがあるなら既にある答えを暗記せよ、それを再現できるように習熟せよ」。


確かにこれで大体なんとかなっちゃうんだが。こればっかりで、いつ頭を使うタイミングがある?


思考力はスキーマの獲得(あるいは発明)、その発達を含める(要するに考え方を自力で身につけて育てること)が、これらが育たない。


簡単に言えば、足はあるが寝たきりの状態の者が、走るのが早くなろうとするのは何か間違っているだろう。まず立てるようにならないといけない。

目的のない思考

「何を」考えるのか。ゴールを決めているか。何を考えるべきか分かっていない、つまり疑問も目的意識も持っていない場合、考える力は働かない。必要性を感じていないからだ。


それでもなんとなく気になって頭の中に残り続ける場合もあるが、指向性を持たせない限り殆どの場合、思考は結論に至らない。


補足するが、この状態は頭が「入力待ち」になっている状態だ。だから何か見聞きしてそれが解決に使える場合に答えを「ひらめく」こともある。


だが主観的には「まぐれ」に近い。「スタートからゴールまで自力だった」という感覚ではない。情報をインプットすることによってひらめく確率は上がるが。


能動的に答えを導き出すことを「思考」と呼ぶのなら、これは「違う」だろう。良いか悪いかではなく。






2つの「考える」

アウトプット

状況に通用する思考スキーマを持っている場合。こちらは簡単だ。状況を把握すれば、勝手に結論が出る。要するに慣れきった問題にたいしての「考える」。むしろ当人の主観としては「考えるまでもないこと」。身についた思考の手順であり、暗黙知



こちらは現代社会の「教育」で勝手に身につくだろう。記憶せよ、適応せよ、再現せよと。

この場合考えているのは「どの方法が良いか」という既存の思考スキーマの選択を目的としたことになる。


対応するスキーマがない場合、状況を把握していても(インプットしても)考えが「出てこない」状態になる。


これは範囲を「絞れない」ために起きる。この場合、記憶や情報の取捨選択の基準がないためあらゆる情報を並べようとしてパンクする。人工知能で言うところのフレーム問題というやつだ。


この「範囲を絞る」能力は経験則的なものであり、慣れによって培うことができる。
これはアウトプット「だけ」であり、既存の答えを「再現」するためのもの。


シミュレート

こちらは試行錯誤。ただし、全部を「思いついたことを全部実際に試す」姿勢は、他人から見たら「考えないで手当たり次第に行動するやつ」にしか見えない。


普通は実行よりまえに目的をより達成できそうな方法を模索する。これが今回言うところの「思考」だ。


これはアイデアや目標を形にする過程や方法を模索するもの。「発想」「創造」のベクトル。


アウトプットの場合は既存の方法を「思い出す」ので、頭の使う部分がぜんぜん違う。だからアウトプットは上手いが、創造性はないということは在り得る。


「わからないこと」があった場合、人はやり慣れたアウトプットの思考をしようとする。だが必要なのはシミュレートの方の思考だ。このせいでわからないと「考えが出てこない」という状態になる。


この状態になると、人は最も確実な解決法、即ち検索する、人に聞くなど「答えを外部に求める」行動をする。大抵「自分で考えろ」と言われるのもまた、このタイミングである。


わかると思うが、この流れだと答えや解決を創造しようとする、即ち「考えようとする」スキーマがどこにもない。


ちなみにそれくらい考えろと言われるのは、大抵はゼロから考えて思い付けと言っているのではなく、「教えたことと似たようなことなんだから応用しろ」という意味の場合が多い。


シュミレートじゃない。

すごく下らない頭が回らなくなる理由

睡眠不足、水分不足で頭が回らなくなる。姿勢の悪さに拠る呼吸の効率の低下=酸素不足でも頭は回らなくなる。


おまけで、「すごく下らない頭の回転が良くなる方法」として「トイレを我慢する」というのがある。小さいほうね。何割か判断力が上がるらしい。ただし身体能力は下がるそうだ。危険だからね。色々と。








2.自分で考える力を養う方法

基本的には既に世の中に転がっている「答え」に頼らずに、自力で考えてみることを行う。

こういった行為を「車輪の再発明」と呼んだりもする。本来は考えや結果が既に有り触れたものであった「徒労」を指す言葉だが、これは物事を理解して身につける過程そのものであり、一部ではそのためにあえて行われている。


考えや結果がすでにあるもの以下だった場合は「四角い車輪の再発明」なんて呼ばれたりもする。が、今回はこれでもいい。目的は頭を使うことそのものであり、結果は結構どうでもいい。


逆に自力で出した答えに固執するほうがよろしくない。それより良いものが探せば見つかるのが現実だからだ。


予習すること

考えるということは無から有を生み出すことではない。どちらかと言うと「組み合わせ」によって新しいものを作るという感じだ。このため、材料や参考資料は多いに越したことはない。


また、複数の情報の類似点や関連性などのメタ知識はそのまま理解力、発想力に直結する。
この場合、情報の使い方を意識して頭に入れていくこと。思いつかなければ人に教えるつもりで覚えるといい。


予測すること

情報の「使い方」をイメージしておくこと。これはそのまま「どこで使うのか」を考える準備となる。先程の教えるつもりで覚えろとかそのあたりの話。具体性があればある程いい。


もう一つ、先を予測し、その対応をするというのは物事が起きてから対応するよりも頭を使う。仮説を立て、シミュレートするようなこういった「準備」そのものが思考だ。


疑問を持つこと 何を考えるかを考える/自覚する

目的を持った思考、ゴールを目指す思考をすること。ただ漠然と頭の中で回しているだけでは解決しない。そんなことは無意識が常にやっている。指向性を持った思考(洒落ではない)をするための目的の設定。


「お題」がなければ始まらない。前述の通り、現代では考える機会そのものが一見少ない(本当は結構あるんだが)。拠って機会は自ら作る必要がある。


疑問を持つのは、理解するためだ。必ずしも否定を目的としたものじゃない。結果そうなるかもしれないが。初めから否定を目的とすると、それしか目に入らなくなる。考える姿勢はフラットであるべきだ。


やってはいけないのはこの段階で人に聞くことだ。というか、それやってるから「少しは考えろ」って言われる。








答えを出すこと

「仮説をたてることが出来るか」が一つのゴールとなる。
思考を「完走」させること。少なくとも、そうしようとすること。


ただ、これらはあくまでも個人の仮説の段階だということを忘れてはならない。じゃなきゃ思い込みの激しい変なやつで終わる。


頑張って考えた答えが「もったいなくて」、持論に拘ってしまう人は多い。


答えを出すというとプレッシャーを感じるかもしれないが、「仮説」なんだから気楽にやっていい。別に発表するわけじゃない。それどころか結論が複数あってもいい。何も思いつかないよりは、いくつか仮説が頭に用意してある方がずっといいだろう。


覚悟するべきこと

せっかくの「発明」が使えないレベルだった、ということはザラにある。大抵の場合は「四角い車輪の再発明」で終わる。自分の出した答えに執着してはいけない。少なくともトレーニングである今は。


忘れてはならないこと

答えや仮説を出してからそれが正しいかどうかを確認すること。ただしこれは「答え合わせ」に過ぎない。カンニングであってはならないだろう。まぁ「現状では答えが出せない」というのが結論なら構わないが。


これらの答えと自分の答えを照らし合わせ、何が足りなかったのかを考えて次に活かす。情報収集が甘かったか、希望的観測が織り込まれていたか、ゴールがよく分かってなかったか、大体このあたりだろう。


形にする

人に話す、のも自信がない内はハードルが高いだろうから文章を書くのがいい。赤の他人に伝わるように意識して。
結構「わかった気分」でいることがあり、文章で説明しようとした時に何かが「足りない」ことがあるからだ。
また、何らかの形を与えた場合、かなり覚えていやすくなる。








小技

本気で一切何も思い浮かばない時用。

テーマを決める

お題がなければ始まらない。


制限時間を決める

とりあえず2~3分でいい。


止まらずに書く

考えるより先に書く。止まらないことに専念する。思いついたことを何でも良いから書く。「何も思い浮かばないから焦る」とかでもいいから書く。誤字とかタイプミスとか気にしない。


そうするとだんだん考えが「出て来る」ようになる。


海外ではA4の紙十枚くらいで毎日やれというテクニックがあるのだが、日本語でこれをやると画数の多い漢字のせいでほぼ「失速」する。
書くスピードが失速して思考がつっかえてこちらも失速する。


ひらがなカタカナだけで文章書くことに抵抗がないのならそっちでもかまわないだろうが、そもそもひらがなかカタカナか漢字かの選択がある事自体が思考の邪魔。デジタルを勧めておく。まぁ英語ならなんでもいいかもしれない。


最も気をつけるべきこと

出した結論の正確さを確信したとしても、それは仮説であることを忘れてはならない。思考によって出た結論は理解や決断よりも一つ前の段階だ。確認や決断をしない限りは例え正解でも「仮説」で止まっている状態。


「わかったつもり」が一番もったいないだろう。それ以上は考えなくなる。思考が正しかったかどうかのフィードバックも一切受け取らなくなる。まさしく「やっただけ」で終わってしまう。








まとめ

シミュレートだってば。


考える習慣を持つ、というよりも、「ゴールを目指した思考」を意識的に行えるようにすること。そのために「何を考えるのか」をはっきりさせること。そうじゃない限りは「気になる」「悩んでる」のと変わらない。


思考の材料となる情報が的はずれだと残念な結論しか出てこなくなる。「訓練」ならそれでもいいが、実践となるとこれでは困る。情報収集のセンスも磨いておいたほうが良いだろう。


また、間違える訳にはいかない時には、自力に拘らずに答えを探したほうが良い時が多い。特に職場だと、間違えたら今度は「勝手なことするな」とか言われるだろう。


ただ、考える力があると外部からの答えを「消化・吸収する」能力、つまり理解力と応用力が伸びる。普段鍛えておく分には損はない。





更新履歴告知用ツイッター:
https://twitter.com/nemomanas

シェアをしていただけると嬉しいです。





このエントリーをはてなブックマークに追加


サイト内検索:




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新記事はこちらから


────────────────────────────────────────────────────────────────

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
nemo
性別:
非公開
自己紹介:
nemomanas@gmail.com

サイト内検索

このサイト内のみの検索。

最新記事

(05/25)
(05/22)
(05/22)
(05/19)
(05/17)
(05/16)
(05/13)
(05/10)
(05/09)
(05/08)
(05/05)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/02)
(05/02)
(05/01)
(04/28)
(04/27)
(04/25)
(04/24)
(04/24)
(04/24)
(04/24)
(04/24)

ツイッター

最新コメント

[04/12 psi]
[01/14 pupupu]
[08/27 NONAME]
[08/23 銀モクセイ]
[03/09 ハマ]
[01/20 パウー]

PR